キャバ嬢のアイテムを使って「ライター1発着火ゲーム」


キャバクラで遊ぶゲームは、手軽にできるかどうかもポイントですよね。
手間がかかったり、わざわざゲームのためだけにアイテムを用意しなければならないとなると、ちょっと負担が増えてしまいます。

アイテムは使うけど、他のアイテムゲームと比べるとずっと手軽にできる「ライター1発着火ゲーム」を紹介しましょう。

使うアイテムはライターのみ。
キャバクラ嬢なら、同然持っていますよね。
タバコを吸わなくても、お客様がタバコをくわえればすぐに火をつけられるように用意しているはずですから、このゲームはキャバクラ嬢側から提案するのにもうってつけのゲームなんです。

「ライター1発着火ゲーム」は、順番にライターの着火にトライしていき、火がつかなかったら負けというゲーム。

ライターって、意外と1回でつかなかったりしますよね。
しかも、火がつかなかったら負けというルールを意識しすぎて力んでしまい、着火に失敗するなんて人も出てくるでしょう。

そんな人のメンタルの弱さや、逆に強さなどを楽しむためのゲームでもあるんです。

このゲームはヤスリ式のライターを使用するのがおすすめ。
押し込み式などは簡単なので、ゲームとして使用するには適していない点には注意しましょう

男性客の性格が垣間見える?「男気ジャンケン」


あるテレビ番組がきっかけで、一般の人にまで広がった「男気ジャンケン」
お酒をたくさん飲んで酔ってきたお客様にこのゲームを提案すると盛り上がるかもしれません

普通のジャンケンは、負けた人が当然負け。
何かの支払いを賭けている時は、ジャンケンに負けた人が支払わなければならなくなります。

「男気ジャンケン」は、ひと味違います。
ルールは普通のジャンケンと同じですが、勝った人が支払いをしなければならないのがこのゲームの面白いところ。

言い換えると、「ジャンケンで勝ったら、オレに支払わせろ!」と、男気を見せるためのジャンケンゲームなんです。

このゲームのもう一つのポイントは、勝った人は喜ばなければならないということ。
そのキャバクラで飲み食いしたお金を全て支払うことになっても、決して悔しさを見せてはいけません。

当然です。
「オレに支払わせろ!」という男気を持ってジャンケンをし、見事に勝ったわけですから。

ジャンケンに勝って支払いが決定した人が悔しそうな顔や嫌そうな顔をしたら罰ゲーム、なんていうのもあり。
もう1杯ドリンクを追加してもらうという約束をジャンケン前にしておいてもいいでしょう。

手軽にできて大盛り上がり、でもキャバクラ嬢は高みの見物で楽しめちゃうこのゲーム。
お客様の性格も垣間見えるかもしれません